ガバナー公式訪問

阿久比町勤労福祉センター エスペランス丸山にて、地区ガバナーL.加藤史典の公式訪問 5R1Zの合同例会が行われました。

ガバナー入場です。

阿久比LC会長L.大久保道男の開会宣言、開会ゴングです。

クラブ紹介で、元気よくローア一声する、常滑クラブのメンバーです。

5R1Z ZC L.竹内一美の挨拶です。
18年前のこの合同例会では、この会場に入りきれないほど、メンバーがいましたが、現況は、100%出席しても、会場が埋まらないほど、会員が減少しています。会員増強に励みましょう。



地区ガバナーL.加藤史典から、「ライオンズ精神の原点を再認識して、リスペクトされる活動を再構築するためにも、会員増強はどうしても必要である」と、国際会長L.山田實紘の熱い思いをお話しいただきました。

地区ガバナーの方針としては、奉仕活動できる立場にあることの幸せに感謝しながら「第1に、従来の会員増強方法でなく、若手を中心とした増強チームや支部組織を活用した活動など、具体例を挙げて、新らしい手法での会員増強を推進して欲しいということ。第2に、地域貢献だけでなく、国際貢献に繋がるLCIFの活動のために、是非MJFへの協力をお願いしたいこと。第3に、設置に関しては、地域の理解など難しい点もあるが、地域の犯罪防止のためはもちろん、LCの活動をPRするためにも、防犯カメラ設置の推進に努めて欲しい。」と本年度の重点方針について、熱く語っていただきました。

会長L.勝崎 覚から、公式訪問質問回答書を、ガバナーに手渡しました。


ガバナー方針の重点項目でもある、防犯カメラの設置推進について、講演がありました。
半田警察署、常滑警察署の生活安全課から、設置の現状、設置することのメリットや問題点など、実例を交えて、お話しいただきました。


最後は、元ガバナーで地区名誉顧問のL.奥村仁志、L.榎本舜治が音頭を取って、ローア一声で締めました。


第1402回
8月第2例会

「ガバナー公式訪問・5R1Z合同例会」
2015.08.27

334-A地区ガバナー L.加藤史典が、5R1Zを公式訪問されました。