セレモニー

会長挨拶
12月に入り、会長としての務めも6ヶ月目に入りました。
暖かく師走とは思えませんが、次第に気忙しい毎日になってくるのだと思います。
個人的には忘年会続きで、若干疲れ気味ですが、本日もよろしくお願いします。

誕生日祝品贈呈
L.成田勝之、L.関 正夫(11月)、L.伊藤豊廣、L.藤井良秀、L.井口彰二、L.伊奈資浩、l.勝崎 覚、L.斎田正彦 おめでとうございます。
「誕生日が迎えられて嬉しいです。飯は食いたいけれど、歳は食いたくない」といつものユニークなL.伊藤の挨拶がありました。

例会行事

常滑警察署副署長 吉田弘之様、刑事課課長 春田 哲様にお越しいただき、「暴力団排除について」と題し、お話しいただきました。


吉田副署長
 常滑は、現在でこそ平和なまちですが、かつて、常滑を含む知多地域は、江戸時代からの所謂任侠界に始まり、その後、暴力団の活動が活発な地域でした。港湾権や沿岸の埋め立て工事など、戦後も暴力団の活動場面が多く、近年では、中部国際空港の建設に伴っても、暴力団の動きがみられました。
 本日は、暴力団員に騙されたり脅されたりして、資金提供などすることの無い様に、暴力団の様々な手口をご紹介し、予防と排除に心がけていただきたいと思います。
(ビデオ鑑賞で、クレーマーの常套句に対する受け答えの注意点、ブラックジャーナリストへの対応などを学びました)
春田刑事課長
 愛知県は、広域暴力団の拠点にもなっており、警察としても撲滅一掃に力を入れているところです。
 暴力団の手口も、年々巧妙化してきております。一方で、取り締まりも厳しくなってきていますので、脅されたり、危険を感じたりし時には、直ぐに警察に通報してくだされば、対応出来ると思います。

第1409回
12月第1例会

「ゲストスピーチ
2015.12.01

常滑警察署からゲストをお招きして、暴力団排除について学びました。