セレモニー

最終理事会、複合地区の年次大会など、本年度の行事もいよいよ終盤になって参りました。最終リジョン会議など残っておりますが、この例会場で私が挨拶するのも、今日が最後になると思います。
一年間、ありがとうございました。

ガールスカウト常滑連絡会 会長 伊奈富美子様に、助成金を贈呈しました。
毎年、ご支援をいただきありがとうございます。今年は、G.S.愛知連盟が60周年を迎え、名古屋駅前のななちゃん人形も、G.S.の制服を着たりと、様々なところでアピールしております。8月には、戸隠のキャンプセンターで、愛知県連盟の研修も行われますので、助成いただいた資材を有効活用していきたいと思います。

誕生日祝い品の贈呈です。
L.齋田 進、L.亀岡廣昭、L.水川善雄おめでとうございます。
L.亀岡から「今年で74歳になりました。ライオンズも次年度60周年と言うことですが、私も60年前は中学の野球部で頑張ってた記憶があります」と挨拶がありました。

例会行事「会員スピーチ」

本年度入会の会員から3名のメンバーにお話しいただきました。

L.川原和敏
皆さんの仲間に入れていただき奉仕活動の出来ることを嬉しく思います。
市議会の一員として、この度の市議会議員の事件について、お詫び申し上げます。いずれも、市議会議員になる前の事でありますが、市議会の信用に関わる問題でありますので、今後の信頼回復に向けて、議会としてもしっかりとやっていきたいと思います。


L.盛田克己
来月に誕生日が来て74歳になりますが、年を気にせず身体を動かす事を心がけています。LCには、私より年配でも元気な方が多く、驚いています。
かつてヨーロッパに技術指導に行った際、非常にプライドの高い現地の人々に、なかなか受け入れてもらえず苦労しましたが、認めてもらう為に、相手のミスをフォローするなどして信頼関係を築いていきました。そう言った経験を生かし、市議になっても、信頼関係を大切にしてやっています。職務柄欠席もありますが、今後ともクラブの一員として頑張りたいと思っています。


L.三輪一馬
セントレア開港に向け、公共事業が旺盛だった平成12年に、縁あってこの地に参りました。地元に馴染むのはなかなか大変でしたが、会社の仕事上、対外的なお付き合いも増え、常滑にも移り住み、徐々に馴染む事が出来ました。
LCは、外からみると、なかなか近寄り難い組織に見えましたが、仲間に入れていただくと、人生の先輩も多い中で、気持ちよく活動させていただいており、感謝しております。
次期会長のテーマにもあるのですが、「未来につなぐ・・・」という部分で、クラブ事業の中に、将来を担う子どもを交えた事業が必要ではないかと感じています。将来、クラブの一員となってもらう為にも、子どもをはじめ、この素晴らしいライオンズの雰囲気を対外的に伝え、市民の理解を広げていきたいと思います。

第1421

6月第1例会

 
2016.06.07
6月第1例会で会員スピーチが行われました。